第1回「DoDoDoDoアイデアソン」開催レポート

6/22(金)は「DoDoDoアイデアソン」でした。

DSC_1269 2

▼アイデアソンとは?

アイデア(Idea)とマラソン(Marathon)を掛け合わせた造語で、多様性のあるメンバーが集まり対話を通じて、新たなアイデア創出やアクションプラン・ビジネスモデルの構築などを行うイベントのことです。

 

第1回目となる今回は、2人の参加者とアイデアを出し合いました。

今回活用したアイデアメソッドを紹介しつつ、イベントの雰囲気をお伝えしていきます。


 30サークルズ


 アイデアソンの始まりは、頭の準備体操から。そこで使ったのはこちらの30サークルズです。スライド1 

30サークルズルール

スクリーンショット 2018-06-22 15.04.40

引用:アイデアソン・ハッカソン運営ガイドブック Ver.1.1

◯で思いつくアイデアを強制的にどんどん出していくことで、頭をほぐしていきます。 

今回は15分間という制限付きで、30サークルズを行いました。

DSC_1236

「うーん…」と、途中行き詰まることも。

前の人が書いた紙が回ってくると焦りも出てきます。脳みそフル回転です。

DSC_1244

そんな中、制限時間内に3人で全ての丸を埋めることができました!

2つ繋げてメガネにしたり、枠からはみ出して書いてみたり。

アイデア出しは、凝り固まった常識をいかに取り払って考えられるかが重要です。


マンダラート


さて、準備体操が終わったら次はアイデア出し本番です。

ここで使うのが「マンダラート」というアイデアメソッド。

中央の四角の中に課題を書き、その周りにある8つの四角の空白をアイデアで埋めていくという簡単なルールです。

スクリーンショット 2018-06-23 14.56.07

今回の課題は「参加者のお悩みを解決するアイデアを出すこと」

「誰かお悩みありませんか?」と聞いたところ、

「彼女がほしい!」との声が。

ということで、マンダラートの真ん中には「彼女をつくる」と置くことに。

スクリーンショット 2018-06-25 11.18.38 

最初のうちは蕈に出てくるアイデアも、8つ出すのは結構大変。しかし、脳は一生懸命にその空白を埋めようとします。なかなか埋まらない空白にこそ、今までにないアイデアが生まれる可能性が高いものです。

ボブ田中(2010).「あっ、ひらめいた!いい案が出せるようになるアイデア出力法」実務教育出版

スクリーンショット 2018-06-25 11.24.18

真ん中の9つの四角が全て埋まったら、それを派生させてマンダラートを拡大します。

 

DSC_1256

DSC_1259

マンダラートで広がった単語を取り出し、掛け合わせ、付箋に書いて貼り出します。

なるべくかけ離れた単語の組み合わせによって、今までにないアイデアが生まれます。

DSC_1261

今度はそこから出たアイデアについて、ブレストです。 

DSC_1266

「この案をやるとしたらどんなことができるのか?」

「このアイデアにこんな要素があれば面白いのでは?」

などなど

アイデアに対する意見交換を行ったのち

 

今回のアイデアソンでは

【人見知りしか集まらない合コンを開き、おせっかいおばさんに居合わせてもらう。】

という、なんともユニークなアイデアが生まれました!

 

次回のアイデアソンでは、これを具体的に詰めていきますよ。

7月26日(木)19:00~です。お待ちしております!